国内の出張は全て格安航空券が基本となりました

余分なサービスがなくなっただけ

国内格安航空券格安航空券

別にサービスが極端に違うというわけではないことはどちらも利用した自分たちは良く知っています。
むしろ不必要にサービスの押し売りをしてこないので、格安航空会社の方が気楽に使えていいと思うこともあるぐらいです。
国内便はハッキリ言えば通勤時間よりも短い時間しか飛行機に乗っていません。
自分はかなり遠方から通勤しているので、通勤時間で2時間強かかるのです。
それに比較して飛行機に乗っている時間はそれ以内ですから、そんな時間でわざわざ飲食のサービスを聞かれてもというぐらいのことです。
これは明らかにこれまでが過剰サービスだったということは間違いないと思います。
何しろ飛行機は出来るだけ軽くするということに命を懸けるぐらいのことをしています。
鉄の塊が空を飛ぶわけですから、それは当然でしょう。
当然軽くすることは飛行機の至上命題となります。
それを無視するかのように飲食の為のサービス料を無理やりとるわけですから、これは全く過剰サービス以外の何物でもありません。
それがない格安航空会社のサービスというのは普通になっただけと考えた方がいいものです。

格安航空券指定の会社が増えた余分なサービスがなくなっただけもう大手は使えない