国内の出張は全て格安航空券が基本となりました

もう大手は使えない

飛行機というものがこれまではなかったので、新しい事業体ということで、ぼったくれるだけぼったくろうとしたところ、あまりにもぼろ儲けし過ぎたので、格安航空会社の参入する隙を与えてしまったというところがこの業界の真実という気がします。
何しろ大資本がなければなかなか参入することが出来ないはずなのに、いとも簡単に格安航空会社に参入されました。
規制などもあったはずですが、そうしたものも全てクリアして今の格安航空会社は就航しているのです。
となれば当然安い方を使うのはビジネスマンとして当たり前です。
使っていて全く問題はなく、快適性も十分です。
何しろ通勤時は立っていることもあるのです。
それが座って眠りながら目的地に行けるというわけですから、自分のような者からすると出張の飛行機の時間は極楽のような感じです。
最近はパソコン仕事が多くなったので、飛行機の中でも仕事をするようになってきたので、この極楽の時間もかなり厳しい感じにはなってきていますが、それは飛行機とは関係ない事です。
ビジネスは厳しいものです。
大手がこのままのサービスを継続していくと、どんどんと利用者は離れていくでしょう。
どう考えても格安航空会社のサービスと大差ないのです。
まず数万円も違う料金では割に合うものとは考えられません。

格安航空券指定の会社が増えた余分なサービスがなくなっただけもう大手は使えない